インプラントの特徴

インプラントの魅力とは

インプラント治療にある特徴

歯科医院で受けることがインプラント治療は、虫歯や歯周病などで失われた歯の代わりに、人工の歯を取り付ける施術を指します。歯がなくなった部分に純チタンかチタン合金のネジを埋め込み、人工の歯の根を作り出します。その上に人工の歯を取り付けます。インプラントの大きな特徴は、他の歯を痛めずに治療ができるところです。そのため、残った歯の健康を損ねる心配がありません。さらに、見た目が自然な上に、使い心地も自分の歯と似ているというメリットがあります。

インプラントの構造とは

インプラントは歯が欠損した場合に顎骨に埋め込む人工臓器の1つで、3つの部分から構成されます。まず顎骨にフィクスチャーまたは人工歯根と呼ばれるインプラント体を埋め込みます。人工歯根はほとんどのメーカーでチタンを使用して作られています。チタンには金属アレルギーになりにくく錆びにくいという特徴があります。歯冠の代わりとなるのが人工歯とも呼ばれる上部構造です。アバットメントは人工歯根と上部構造をつなぐ役割を果たします。

↑PAGE TOP