インプラントは身体に影響あるか

インプラントの身体への影響

インプラント治療後の影響

インプラントの治療では、顎の骨にチタンでできた人工歯根を埋め込みますが、この治療は将来的に身体に影響を及ぼすことはないのでしょうか。結論から言うと、その人に合った治療が正しく行われていれば身体に悪影響を与えることはありません。インプラントは20年30年といった長期にわたる使用にも十分耐えられるので、長い年月の間使用されていても問題無いと考えられています。金属の影響が心配だという人もいるかもしれませんが、インプラントで使用されているチタンは金属の中でも人体との親和性が高いことで知られており、ペースメーカーや人工関節にも使用されている素材です。顎の骨に埋め込んだとしてもほとんど拒絶反応が出ないことが分かっています。チタンは金属アレルギーが出にくい素材でもありますが、もともと金属アレルギーを持っている人は、インプラント治療前に医師に伝えておくようにしましょう。CTやMRIといった検査を受けられなくなるのではないかと心配する人もいますが、その心配はありません。入れ歯と違って装着したままの状態でCTやMRIを受けることができます。インプラントは金属アレルギーに注意する必要はありますが、基本的にその人に合った状態で正しく埋め込まれていれば身体への悪影響はありません。ただし、身体に影響のない良い治療を受けるためには技術力の高い医院に治療してもらうことが大切なので、医師選びは慎重に行いましょう。

↑PAGE TOP